急な出費 借入

急な出費で借入:5万以上の場合では?

急な出費は日常生活で頻繁に起こることだと思います。

 

学生のころはお金がないので、節約生活をしていたところ、友達から食事の誘いがあって急な出費が出てしまいます。
また、学生や社会人でも、コンパや合コンに誘われることがあると思います。

 

そんな時はお金を借りてでも行きたくなりますよね?

ちなみにこの程度の出費であれば、誘ってくれた友達や知り合いに、「ごめん!手持ちがないので貸してくれませんか?」と
お願いすれば済む問題です。

 

金額も数千円から1万5千円で足りると思いますので、貸してくれることもあるでしょう。

 

しかし借りる金額が5万円を超えてしまうと、なかなか貸してくれる人はいないでしょう。

 

ここで5万円の急な出費を考えると、

 

・家賃を滞納しており、大家さんから今日が期限だと言われてしまった場合
・夏休みに旅行を計画しており、今日が旅行会社に支払うの期限・・・
・彼女の誕生日を忘れていて、誕生日が明日に迫っていると気づいた時
・急に実家に戻る必要が出た、
・車のタイヤがパンクしてしまった!
・暑い季節にクーラーが壊れてしまって生活がたいへん・・・

 

このように見ていきますと、日常的に5万円以上急に必要になることはたくさんあります。

 

もちろん、できれば給料日まで待てるような状況であれば問題ないですが、ふだんの生活に直結したり
信用を失ってしまう可能性もありますので、すぐにでも借りる必要があります。

 

そこで即日借りることができるキャッシング会社を紹介します。

 

急な出費で借入するなら?即日キャッシングはこちら!

(14時までWEB契約を完了させる必要があります)

 

※プロミスの特徴
融資限度額:500万円
金利:4.5%〜17.8%
・WEB契約で当日振り込みも可能!
・来店不要で契約できます♪
・必要書類の提出はメールでできます。

急な出費で借入するなら?即日キャッシングはこちら!

(平日14時50分までに振り込み手続きを完了させる必要があります)

 

※モビットの特徴
融資限度額:500万円
金利:4.7%〜18.0%
・入会金、カード発行手数料、および年会費は無料。
.・お近くの「むじんくん」(自動契約機)なら21:00までカードを即日発行。
※50万円超は源泉徴収票等収入を証明するものが必要(慎重審査)

 

急な出費で借入できなかった場合は?

もちろん上記で借入するのも1つの手段になりますが、平日の銀行が空いている時間というのが条件になっています。

 

ですので、午前中から急な出費でお金が必要なケースでは間に合うかもしれませんが、
15時過ぎから急にお金が必要になることもあるでしょう。

 

そのような時はどうしたらいいのでしょうか?

 

上記のように5万円以上お金を借りる場合ですが、やはり親密なお付き合いをしている人にしか頼めないでしょう。
ただしお願いするとしても、お金を借りる理由が大切になってくると思います。

 

たとえば親に、合コンやコンパに行くから貸してほしいと頼んだ場合、
「あんた何言ってるの!」と一蹴されてしまうかもしれません。

 

また家賃などの生活費関連でお金が足りなくなった場合、友達に貸してとお願いいした場合、
いくら親しい間柄でも「返す目途はついてるの?」と言われてしまうかもしれません。

 

そこで最終的な手段になりますが、クレジットカードの現金化になります。

 

下記のリンクからホームページに行くと分かりますが、申し込んでからすぐに振り込んでくれます。

 

急な出費で借入するなら?即日キャッシングはこちら!

 

※キャッシングを含めて、業者からお金を借りる場合ですが、本当に必要な金額だけを借りるようにしましょう。よくキャッシングで酷い目にあってしまった人の事例を上げると、限度額いっぱい借りてしまい、それを遊ぶ目的で使ってしまったという人が多くいます。

 

もちろんギャンブルにはまって、どんどんお金を使ってしまった人も少なくありません。

 

ただし必要な金額だけを借りて、急な出費が必要な状況を乗り切れば、かなり有効な手段となります。

 

来店不要で即日お金を借りる方法を紹介しています。急な出費で周りからおかねを借りれれば問題ないですが、そう都合よくいきません。そこでキャッシングをうまく活用することで即日借りれます。ただし借りたお金はきとんと返済しましょう。